2017年11月中 サイトで見たよで初回無料!

設備案内

equipment

干渉波

体内で交差するので、深部まで刺激が届きます
※保健治療、対応しております

干渉波治療とは

干渉波治療器イメージ

2つの導子(体に直接付ける電極)から異なる周波数の低周波電流を流し、体内で交差(干渉)させ、患部にその周波数の差に相当する低い干渉電流を発生させて、その刺激を利用する治療法です。
筋肉を収縮、拡張させ、そのポンピング作用により筋肉をほぐし、血流を促進させて、痛み物質の除去を図ります。
また、交差させた場所を狙ってあてることで、特定の患部を集中的に刺激することができます。
患部を囲むようにして治療し、深部まで十分な刺激を与えることができるため、より高い治療効果を得ることができます。
なお、干渉波は体内で発生するため、痛みはなく、もまれているような感覚です。

干渉波治療イメージ

干渉波治療器について

干渉波治療器は、1948年にオーストリアの医師ハンス・ネメック博士により医学会で発表されました。その後、ドイツのネメクトロダイン社が世界で初めて発売。そして、この理論の特許の有効期限が切れた後、世界中で製造されるようになりました。

干渉波治療の効果

  • 鎮痛(痛みを和らげる)効果
  • 鎮静(炎症を抑える)効果
  • 血流促進
  • 筋緊張の緩和
  • 関節の可動制限の緩和
  • 末梢神経麻痺の緩和
  • ケガの回復

干渉波治療の適応疾患

  • 疼痛性疾患
  • 首や腰からくる手足のしびれ
  • 捻挫
  • むち打ち
  • 肩こり
  • 五十肩
  • 背部痛
  • 腰痛
  • 膝痛
  • 関節痛
  • 腱鞘炎
  • 関節水腫
  • 神経痛
  • 筋肉痛
  • 筋疲労
  • むくみ
  • ストレス

干渉波の跡が残る理由

干渉波治療をした後、背中に若干吸盤の丸い跡が残る場合があります。これは、その場所の血行が悪く血液が停滞している状態です。2~3日経てば消えますので、ご安心ください。また、跡がつくのが嫌な方はおっしゃってください。

お近くの店舗はこちらからどうぞ
PAGE TOP