2017年11月中 サイトで見たよで初回無料!

治療案内

treat

骨盤矯正

骨盤の歪みを矯正します
※自費治療となります

骨盤矯正イメージ

骨盤は上半身の体重を支え、大切な内臓を入れる器です。
女性の骨盤は歪みやすく、年齢とともに開いていきます。また、日頃の悪い姿勢の積み重ねが大きな要因になってきます。骨盤が歪んで広がってしまうと、内臓が本来あるべき位置からグッと下がり、胃に大きなスペースができてしまいます。いくらでも食べても太らない人は、内臓が下垂しているのかもしれません。また、骨盤の歪みが下半身の血行を悪くさせ下半身のむくみや冷え性の原因にもなります。「上半身に比べて脚が太い」と悩んでおられる方は、骨盤が歪んでいる可能性も高いのです。

あなたの骨盤、歪んでいませんか?

骨盤矯正イメージ
  • 椅子に座ると脚を組んでしまう
  • 椅子に座ると無意識に膝が開いてしまう
  • 横座りしてしまう
  • 左右で肩の高さが違う
  • 腕組みをする癖がある
  • 何もないところでつまづくことがある
  • 立っている時、どちらか一方の脚に重心を置く癖がある
  • 左右で靴底の減り方が違う
  • 靴底の外側の減りが早い
  • 脚がむくみやすい
  • O脚である
  • 寝る時はうつ伏せか横向きの方が楽である
  • 姿勢が悪く猫背気味である
  • 下腹がポッコリ出ている
  • お尻が大きいと思う
  • 便秘になりやすい
  • 生理不順・生理痛がある

骨盤矯正の効果

骨盤の歪みを矯正することで美しい姿勢が保てるようになり、血液やリンパ液の流れが改善されますので、新陳代謝もあがり脂肪燃焼にもつながります。特に女性にとっては、子宮や卵巣に負担がかからなくなり、女性ホルモン作用が正常に戻るため、肌荒れの解消も期待できます。

当院の骨盤矯正治療について

当院の骨盤矯正は、はじめにお一人おひとりの体調・体質に合わせ充分に筋肉をマッサージし、体を柔軟にさせてから施術に入ります。骨盤矯正はとても高度な技術を必要としますが、当院では 山根カイロプラクティック研究所(セントラルカイロプラクティック)との提携により、最新の治療の提供に努めております。

よくいただくご質問

ボキボキする矯正って怖くありませんか?

骨盤矯正というと、ボキボキとかバキバキといった音がして怖そうというイメージを持たれている方も多いと思いますが、この音は骨と骨とがすれて出る音ではなく、矯正によって関節と関節の間にたまった気泡が弾ける際に出る音なのです。音がするからといって、骨がどうにかなってしまう、靭帯が切れてしまうなどといったリスクは決してありませんし、痛みも伴いません。
当院では、歪みを治す際の治療の一環で音が鳴る場合がございます。ですが、特に鳴らすことで効果が出るわけではありませんので、鳴らす矯正というのは目的にしておりません。また、音が鳴る矯正が怖いとおっしゃる方には、鳴らないようにすることも可能ですので、その旨おっしゃってください。

何回くらい通えばいいのでしょうか?
骨盤矯正は、「続けて3回(1週間に3回)」の通院をお願いしています。何十年も経っている姿勢を1回の矯正で正すとなると、日常的な癖の方がどうしても勝ってしまい、歪みは治りません。2回、3回と続けて繰り返すことにより脳に「これが正しい姿勢なんだよ」と認識させることが大切なのです。その後はマッサージなどで様子を見ながら、痛みや歪みが出る前に矯正を行っていきます。

産後の骨盤矯正

交通事故イメージ

産後のお母さんの体は、育児に追われるがあまり放っておきがちになりますが、ご自身や周囲が思っている以上に大きなダメージを受けています。特に一度開いた骨盤が自然と妊娠前の状態に戻ることはまずありません。帝王切開を経験された方ならなおさらです。出産後の育児を快適に行えるように自分自身のケアをはじめてみませんか?

出産後、このようなお悩みはありませんか?

  • 産前のジーンズやスカートが履けない
  • 寸胴体系になってしまった
  • 尿漏れがなかなか治らない
  • 冷え性・生理痛がひどい
  • 尾骨や恥骨、骨盤周りに痛みがある
  • 股関節(脚の付け根)が痛い
  • 下半身がむくみやすい
  • 下腹部のポッコリがなかなかとれない
  • O脚が進行した
  • 初産の時は体重がすぐ戻ったのに、二人目を産んだ後戻らない
  • 初産の時は痛みが出なかったのに、二人目を産んだ後は痛みが残っている
  • 他の治療院で骨盤矯正を受けたが、効果が感じられない

出産直後は、骨盤周りの軟部組織が緩く歪みやすい状態にあります。歪みがあるとその部分だけでなく全身に循環障害がおき、さまざまな不調が出てきます。ホルモンバランスの乱れや抱っこといった物理的な負担に加え、育児などによる疲労も体を歪ませる原因になっています。

産後骨盤矯正と通常の骨盤矯正の違い

骨盤にかかる負担イメージ

産後の骨盤矯正は通常の骨盤矯正と大きく異なります。

通常の骨盤矯正は、日常生活の中のさまざまな原因によって上下・左右に歪んでしまった骨盤のずれを治したり、負担のかかってしまった筋肉などの緊張をほぐして、本来骨盤があるべき位置に戻すことが目的です。
一方で、産後の骨盤矯正は、妊娠や出産に伴う骨盤の開きや腹筋の広がりなどを正すことが目的です。
妊娠5~6ヶ月頃になると子宮が小骨盤から大きくせり出し、骨盤内部の圧力が高まり、骨盤上部が徐々に開き始めます。
陣痛が始まると、骨盤のみならず全身の靭帯が弛緩し、赤ちゃんが産道を通りやすい状態になります。
そして出産時赤ちゃんは4回転しながら頭から出てくるため、お母さんの骨盤に掛かる負担は大変大きなものになります。赤ちゃんの頭は狭い産道を通って出てくるために圧で頭が変形するのですが、同様の圧をお母さんの骨盤も同時に受けています。本来逆三角形である骨盤四角形になり、回転しながらの圧が左右の骨盤にかかることで、骨盤のずれが生じるのです。また、腹筋も左右に大きく広がりうまく使うことができなくなります。
出産後骨盤は一気に閉じますが、1ヶ月~1ヶ月半ほどは骨盤の骨と骨をつなぐ筋が非常に弱い状態になっています。この時期の悪い姿勢は、強い歪みを作ってしまう原因になりますし、歪んだままにしてしまうと、将来的にさまざまな症状が出たり、次の出産でつらい症状が出ることがあります。産後は早めに骨盤をケアすることが大切なのです。

産後骨盤矯正の重要性

出産後骨盤体操や骨盤ダイエットなど色々な方法で体型を戻そうと頑張っても、肝心な骨盤が開いたままでは体重は減ったとしても体型までは戻りません。産後太らなかった方でも太りやすい骨格になってしまいます。
初産の時は体重がすぐに戻って痛みも無かったのに、二人目の時は体重も戻らず痛みが出たといった方が多いのは、最初の出産で骨盤が歪んだままになってしまっていたためです。
特に二人目三人目と産んでいくとどんどん骨盤が開いていき、ひどい方は子宮脱などの臓器脱になる場合もあります。自分で骨盤ベルトなどを巻いてもなかなか効果を出すことは難しいと思いますので、専門院できちんと改善されることをおすすめします。

当院の産後骨盤矯正治療について

まずは、矯正ができる骨格かどうかをチェックさせていただき、矯正するしないを判断いたします。
その後、股関節の開き具合の調整を行い、次に骨盤を内側へゆっくりと圧をかける方法で締めていきます。また、矯正で骨が元に戻ったとしても、筋肉が固ければまたすぐに歪んでしまうため、マッサージなどで筋肉のケアも同時に行います。他にも筋肉トレーニングを指導させていただき、出産で弱くなった腹筋を回復させ腰痛を改善するなど、お母さんお一人おひとりの症状に合わせて治療を行っていきます。

お子さま(赤ちゃん)連れの方へ

お子さま連れの方が気兼ねなくお越しいただける時間帯も設けておりますので、ご予約の際にお子さま連れの旨をお伝えください(ベビーカーごと院内にお入りいただけます)。治療中は、受付スタッフや手の空いている施術スタッフ全員が、お子さまから目を離さないように、しっかりと対応させていただきます。保育士資格を持つ受付スタッフも一部店舗に在籍しております。

キッズルーム有
千鳥橋桜川千船
ベビーベッド有
千鳥橋桜川
キッズルーム
完全個室

お子さまの安全には出来る限りの配慮をさせていただきますが、院内での事故やお怪我につきましては保証できかねますので、ご了承願います。

よくいただくご質問

産後の骨盤矯正はいつから受けられますか?
産後イメージ

産後1ヶ月から受けていただくことができます。関節が柔らかい早期の施術をおすすめします。無理に体を捻ったりしませんので、退院後お体が落ち着かれたらお早めにお越しください。
適用期は産後1ヶ月~1年、適応期は産後1~6ヶ月です。(帝王切開の方は、2ヶ月後から)
また、断乳した月から数ヶ月間もホルモンバランスが変わり骨盤が固まる方向に向かうと言われています。この時期にも歪みをしっかり戻すことが重要です。

出産後のデリケートな時期に骨盤矯正をするのは怖くありませんか?
出産後の関節はリラキシンという体内ホルモンの分泌により動きやすい状態になっています。軽くアプローチするだけでバランスを整えることができますので、強い力はかけません。ご安心ください。なお、治療の一環でボキボキという音が鳴る場合もあります。特に体へのリスクはございませんが、音が鳴る矯正が怖いという方には鳴らない矯正も可能ですので、その旨おっしゃってください。
参考:ボキボキする矯正って怖くありませんか?
何回くらい通うのでしょうか?
産後の骨盤矯正も通常の骨盤矯正同様「続けて3回(1週間に3回)」が基本です。その後は、週1~2回のペースで骨盤が安定するまで、平均して5~7回ほどになります。(個人差があります。)
なお、育児は体に負担がかかる姿勢が多いので、終了してからも月に1回程度のメンテナンスをおすすめいたします。
治療時間が長いと子どもがぐずってしまいます。1回の治療時間はどれくらいかかるのでしょうか?
マッサージ、矯正、電気など全ての治療を合わせて30分以内に終わらせるようにしております。お子さまの泣き声が隣で聞こえると、お母さんの筋肉も固くなってしまうので、時間内で癒されながら治療を受けていただけるよう、時間配分には気を配っております。
胸がはってうつ伏せになることがつらいのですが、別の体位でも治療は可能ですか?
うつ伏せがつらい方には、横向きで治療をさせていただいております。その時に応じて痛くない寝方で治療を行いますので、ご安心ください。
矯正後しばらくしたらまた骨盤が開いてくることはありませんか?
次の妊娠や出産、もしくは加齢によって骨盤庭筋が緩んでくるまでは開くことはありません。
一人目の出産でなくても矯正の効果はありますか?
二人目、三人目の出産後の方でも受けていただけます。緩んでいる間に行えば効果があります。
帝王切開でも矯正した方がいいのでしょうか?
帝王切開でも骨盤は開きます。(帝王切開の場合、骨盤の上部が主に広がります)普通分娩と同様に矯正されることをおすすめします。

妊娠中の矯正(マタニティ整体)

マタニティ整体イメージ

当院では妊娠中から産後まで、お母さんの体をトータルでケアいたします。

妊娠するとホルモンバランスの変化やお腹が大きくなることで、体のバランスが崩れ、骨盤がとても不安定な状態になり、肩こり、腰痛、股関節痛、膝痛、むくみ、頭痛といったつらい症状が現れます。体に痛みや不調があると、情緒不安定や鬱状態になり、ついついご主人にあたってしまうというような経験は多くの方にあると思います。当院では産後の骨盤矯正だけでなく、妊娠中のお母さんお一人おひとりに合わせた施術で、体の痛みを取り除き、ストレスを解消して、快適な妊婦ライフを過ごせるようお手伝いをしております。「体はつらいけれど、妊娠中は矯正に行けない」とあきらめていらっしゃるお母さんは、ぜひ一度当院にお越しください。

安全性を第一に治療いたします

妊娠中のお母さんの体は非常にデリケートな状態です。当院では妊婦治療の知識を有する施術スタッフが治療を行いますので、安心してお任せください。
妊娠8ヶ月頃までは、ある程度しっかりとした施術を、できる範囲で首や背中に行います。(基本的に母体へのリスクがある腰への施術はいたしません)
以降は刺激が強いと母体への影響が考えられますので、お体の様子を見ながら、マッサージなど必要最低限の施術を行っていきます。

安定期(14~27週)中でも様態が安定しない時は、安静を第一にして医師の指示に従ってください。

安産のために

骨盤を整えておくことで、お母さんの体調も良くなり、赤ちゃんも居心地のいいお腹で順調に育ちます。また、出産後の体調にも影響しますので、妊娠中から体のバランスを整えておくことをおすすめします。

安産に対する骨盤矯正のメリット

骨盤矯正イメージ

  • 骨盤周囲の筋肉バランスがとれていると、力が入りやすい
  • 骨盤の開きが良くなるため、出産時骨盤に負担がかからない
  • 産後の体の回復が早い
  • 筋肉に弾力性が出るので、妊娠線ができにくく残りにくい
お近くの店舗はこちらからどうぞ
PAGE TOP