夏の冷え対策。

 

みなさまこんにちは(*^_^*)

 

暑い日がつづいておりますが皆様体調いかがでしょうか?

 

連日暑い日が続くと、どうしても室内は冷房が強めになってしまいます。

寒暖差が屋外と屋内で差が激しく、クーラー病(冷房病)と言われる症状が現れ、

冷えにより免疫力が低下し、風邪を引きやすくなる、

体調を崩される方も多いのではないでしょうか??

 

体温調節に関わっている自律神経が、大幅な気温変化に対応しきれずにバランスを崩し、

自律神経失調症状態になることが原因の一つです。

暑さによって体力が奪われ、睡眠が浅くなり、食欲も低下し…

といった夏バテも加わって体調不良が起こるとも考えられます。

 

対策として、、、

 

空調の設定温度を上げる
外気温との差を5度以内にするのが望ましい。

空調の風が直接体に当たらないようにする
顔に風が当たると肌荒れやドライアイにもつながります。

首筋やうなじに風が当たると肩こりが悪化します。

衣服で体温を上げる
カーディガン、スカーフ、靴下、腹巻などで、首・手首・足首を冷やさないようにしましょう。

下肢の筋肉を動かす
足指を動かす、足首を回す、つま先立ちするなどの運動で下肢の筋肉を動かし、

血行を良くしましょう。座りながらでも、立ち仕事中でも可能です。

飲み物と食べ物を工夫する
飲み物は常温や温かいものを飲み、生姜や根菜類を積極的に食べる。

一般的に、夏に旬を迎える作物(瓜、ナスなど)は体を冷やすとされています。

 

湯船につかる

お湯につかると体が温まりますし、血行も良くなります。
ぬるめの温度で、10~15分だけでもつかるようにすると、リラックスもできるのでオススメです。

規則正しい生活をする
朝には日光を浴び、夜にはパソコンやスマホのブルーライトを避けましょう。

 

iCure鍼灸接骨院では、鍼灸施術も行っております!

鍼(はり)やお灸で体の経穴(ツボ)や経路を刺激することで、

自己免疫力を高め、

体本来が持っている自然治癒力に働きかけることで、

病気やケガからの回復を促す伝統医学です。

体の自己治癒力を活用するものであり、

薬などのような副作用はありません。

手技では届かない深部の凝りを和らげる、

急性、慢性症状共に効果的な施術法です。

 

みなさまひとりひとりの患者様のお身体の症状に合わせての

施術をご案内させて頂きますので何かあれば

いつでもご相談ください⸜(* ॑꒳ ॑* )⸝⋆*

 

 

冷えから体を守り、夏を乗り切りましょう!!夏を楽しみましょう!!!

 

https://www.icure.co.jp/bentencho/bentencho-29435/